INTERVIEW

職人図鑑#06 鈴木育也(35歳)

創業117年という 歴史の重みを信頼につなげていきたい

SUZUKI IKUYA(age35)

SUZUKI IKUYA(age35)

鈴木塗装工業所工事部部長 1982年10月19日、東京都世田谷区生まれ。自由が丘産能短期大学卒業後、鈴木塗装工業所に入社。趣味はゴルフなどスポーツ。子どもは小学4年の長男と小学2年の長女、3歳の次男。「いまのところ、会社を子どもに継いでほしいと思っていません」

Chapter 1

100年企業を継ぐというプレッシャー

Chapter 1 100年企業を継ぐというプレッシャー

家業ですから、中学校時代から、仕事を手伝っていたんです。ピザのデリバリーや飲食のバイトもしていたんですが、結局、跡を継ごうと入社したんです。鈴木塗装工業所の創業は明治34年(1901年)、20世紀が始まった年。創業117年と歴史だけはあるので、プレッシャーというか、責任が重い感じがして、ぶっちゃけ、跡を継ぎたくなかったんですけれどね。

23、24歳のときに先代の祖父が亡くなって、やっぱり、歴史を途絶えさせてはいけない。継がなければいけない、決心したんです。ただ、父も祖父もこの仕事を継いでくれとは一言も口にしたことはなくて、自由にすればいいと言っていたんですけれどね。でも、本音としては跡を継いでほしいという気持ちだったとわかっていました。

Chapter 2

塗装業は現場も経営もおもしろい

Chapter 2 塗装業は現場も経営もおもしろい

Chapter 2 塗装業は現場も経営もおもしろい
 塗装という仕事は現場も楽しいんですが、経営もいろいろあって、おもしろい。とくにうちのように地元密着でやっていると、人間関係が重要になりますからね。また、下手な仕事をしていたら、どんなことを言われるかわかりませんから、文句の言われないようなきちんとした仕事をしないと、仕事がこなくなってしまう。

 その点、家族的な経営をしていますから、そういう仕事を徹底できることが強みになっているんだと思います。地元の仕事に加えて、昔からの付き合いがあるので、表参道ヒルズや法務省の内装、最高裁判所の傍聴席、気象庁の電波塔の塗装のような仕事もあります。最近も警視庁の内装塗装の仕事をやりました。この現場、久富稲荷神社は父が総代をやっている関係です。やっぱり、117年という歴史の重みを感じますし、それが信頼につながっているところがあります。

 ですから、よけいに、私の代で絶やすわけにはいかないという。鈴木塗装工業所はもともと代々木で創業したんです。写真も代々木だと思います。代々木が本店で江東区中の島や現在の世田谷区新町など、3営業所くらいあったそうなんですが、祖父の世田谷の店が残ったんですよ。

Chapter 2 塗装業は現場も経営もおもしろい

Chapter 2 塗装業は現場も経営もおもしろい

Chapter 3

塗装会社の価値、実力は施工後10年ではっきりわかる

Chapter 3 塗装会社の価値、実力は施工後10年ではっきりわかる
 社員は事務も含めて、13〜14人。社員は弟や妹、妹の旦那や叔父、三宮のような地元で育った知り合いが多いので、家族的に和気あいあいとやっています。四代目社長の父、芳昭は塗装組合の理事、青年会や消防団、法人会の役員、地元神社の総代などで忙しくしていて、あまり会社の実務はやっていないんです。経営的なことは私に任せてくれていて、5年後には正式に五代目を継ぐ予定になっています。

 いま、大手の家電量販店やスーパーも大手も住宅リフォームに参入していて、戸建ての塗り替え塗装の競争も激しくなっています。値段がひとつの決め手になると思いますが、うちは下請けにお願いせずに、全部、直手で責任をもってやっているんです。塗装の場合、4回塗りが必要なのに、2回塗りで済ますところもあるんです。手抜きというか、“安かろう、よかろう”で手間を省いてコストダウンすることはできます。しかし、そうすると、10年後には塗装が剥げてきたりする不具合が起こる。そういう不具合が起こった場合、うちは無料でアフターケアをしますけれど、その建物の塗装仕様が4回塗りならきっちり4回塗ります。2回、3回と4回とでは耐久性や美観が全然、違ってきますからね。逆に言うと、塗装会社の価値、実力は施工後10年経ってから、わかってくると思うんです。 
Chapter 3 塗装会社の価値、実力は施工後10年ではっきりわかる
Chapter 4 200年、300年続く会社にしていきたい

Chapter 4

200年、300年続く会社にしていきたい

 塗ったばかりでしたら、誰が塗ったってきれいに見えます。塗装会社は10年後を見据えて仕事ができるかどうかが、勝負になる。予算との兼ね合いもありますが、たとえ儲けがでなくても、信念をもって、やっていくべきだと思うんです。

 そのためには、現場の意見を聞きながら、職人が働きやすい環境づくりをすること。たとえば、塗料や塗装用具も現場で使いやすいものを、展示会に顔を出したりして、常に探すようにしていいます。職人が使いやすいものを使ってほしいので、多少値段が張っていても、効率があがったほうがいいですからね。うちの会社には塗料会社や塗装用具会社から、試用、モニタリングの話も結構、きますので、それも用具選びの参考にさせていただいています。

 うちの場合、仕事の8割が世田谷区。地元の仕事が多いので、口コミが営業になっているんです。また、10年経っても塗装がちゃんとしている施工現場が近くにたくさんありますから、自分たちの仕事の誇りにもつながっています。そして、そういうこともお客さんの信頼につながっていると思うんです。

 祖父や父もそうでしたが、私が社長を継いでからも下手に会社を大きくしたくありません。目の届くなかで、信念をもった仕事ができるのは、いまくらいの規模がちょうどいい。そして、200年、300年続く会社にすることができれば、素晴らしいと思っています。

Chapter 4 200年、300年続く会社にしていきたい
Chapter 4 200年、300年続く会社にしていきたい

掲載日:2018/06/29

あわせて読みたい

  • 職人図鑑 #01 近藤 佳充

    INTERVIEW

    職人図鑑 #01 近藤 佳充

    職人姿の父を見て育ち、そしてボクも職人になった

  • 職人図鑑 #02 田中 裕二

    INTERVIEW

    職人図鑑 #02 田中 裕二

    塗装を一生の仕事にしていこうと思ってます

  • 職人図鑑 #03 杉井謙一

    INTERVIEW

    職人図鑑 #03 杉井謙一

    職人として爪痕の残るような仕事をしていきたい!

  • 職人図鑑 #04 大池 剛

    INTERVIEW

    職人図鑑 #04 大池 剛

    いま改めて、塗装職人の道を選んでよかったと思っています。

  • 職人図鑑 #05 三宮 望

    INTERVIEW

    職人図鑑 #05 三宮 望

    自分には、身体を動かす仕事が向いていると思う

  • 職人図鑑 #06 鈴木 育也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #06 鈴木 育也

    創業117年という歴史の重みを信頼につなげていきたい

  • 職人図鑑 #07 細包 大輔

    INTERVIEW

    職人図鑑 #07 細包 大輔

    塗装の仕事をずっと続けていきたい

  • 職人図鑑 #08 南川 学

    INTERVIEW

    職人図鑑 #08 南川 学

    お客さんが喜んでくれる顔に仕事の手応えを感じます

  • 職人図鑑 #09 山越 敏司

    INTERVIEW

    職人図鑑 #09 山越 敏司

    ペンキ屋稼業60年。いまも働けるのは幸せだと思う

  • 職人図鑑 #10 山越 達也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #10 山越 達也

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #11 山越 弘尭

    INTERVIEW

    職人図鑑 #11 山越 弘尭

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #12 白井 悟

    INTERVIEW

    職人図鑑 #12 白井 悟

    将来に向けて、いま挑戦しているところです

  • 職人図鑑 #13 金丸 孝治

    INTERVIEW

    職人図鑑 #13 金丸 孝治

    「塗装家」としての仕事をしていきたい

  • 職人図鑑 #14 竹村 満弘

    INTERVIEW

    職人図鑑 #14 竹村 満弘

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #15 平井 勇

    INTERVIEW

    職人図鑑 #15 平井 勇

    若い職人たちをきちんと育てていきたい

  • 職人図鑑 #16 元木陽史

    INTERVIEW

    職人図鑑 #16 元木陽史

    教えることで仕事の本質が見えてくることもある

  • 職人図鑑 #17 大塚裕貴

    INTERVIEW

    職人図鑑 #17 大塚裕貴

    新たな夢にわくわくしているところです

  • 職人図鑑 #18 櫻井英樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #18 櫻井英樹

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #19 福本貴之

    INTERVIEW

    職人図鑑 #19 福本貴之

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #20 徳竹秀介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #20 徳竹秀介

    塗装職人の技術を後世へ伝えていきたい

  • 職人図鑑 #21 小田垣雅也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #21 小田垣雅也

    塗装の仕事が自分の趣味、生活そのものになっています

  • 職人図鑑 #22 秋山俊介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #22 秋山俊介

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #23 金子祐太

    INTERVIEW

    職人図鑑 #23 金子祐太

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

  • 職人図鑑 #24 佐藤優気

    INTERVIEW

    職人図鑑 #24 佐藤優気

    親父の働く背中を見てきて……将来の夢は独立です

  • 職人図鑑 #25 佐藤義保

    INTERVIEW

    職人図鑑 #25 佐藤義保

    いまの会社に移って、次のリングに立てた気がする

  • 職人図鑑 #26 石塚舞樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #26 石塚舞樹

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

BACK TO TOP