INTERVIEW

職人図鑑 #21 小田垣雅也(48歳)

塗装の仕事が自分の趣味、生活そのものになっています

Odagiri Masaya(age48)

Odagaki Masaya(age48)

福島塗装勤務 1970年9月30日、栃木県生まれ。中学卒業後、約1年のフリーター生活を経て、16歳で福島塗装に就職。以来、32年間勤続。29歳で結婚、18歳と14歳の娘がいる

Chapter 1

この仕事の魅力はきちんとかたちになっていくことです

 中学校を卒業して、地元の栃木で1年くらい、フリーター生活というか、アルバイトをしながらフラフラと遊んでいたんですよ。そうしたら、親父に埼玉・川口の知り合いに会ってこいと言われて……会ってみたら、その人がペンキ屋の親方で、いきなりこう言われたんです。

「お前もペンキ屋をやれよ。面倒をみてやる」

 それが、この職業に就いたきっかけです。たぶん、自分を何とかするように親父が親方に頼んでくれたんでしょうね。もう30年以上前のことなんですが、つい昨日のことのような気がします。

 そのときは、社員にしてくれるということでしたので、塗装職人になるのも悪くないなあというくらいの気持ちだったんです。それに、住み込みだったので、地元を離れられるというのも魅力を感じたという。

 まさか、こんなに続けられるとは、そのときは考えもしませんでした。その親方は亡くなってしまいましたが、本当に自分にとって、大恩人だと思っています。

 それまでも、職人になることは考えていて、寿司屋さんでバイトをしていたこともあったんです。でも、途中でイヤになって、自分には向いていないと、やめてしまっていたんです。この仕事はイヤになることがなかったので、自分に向いていたんだと思います。それに、正社員としての待遇なうえ、バブルの時代でしたから、給料もよかったんですよ。

 最初の1年くらいは掃除、養生、先輩の手伝い……下働きで忙しい毎日でしたが、苦になりませんでした。ほぼ同年代、少し上の年代の気が合う先輩も多かったので、毎日が楽しかったんです。その一方、はやく先輩たちに追いつきたかったんですけれどね。

 それに、それまでバイトで働いていたときと違って、自分が働いたことがきちんとかたちになっていく。新しく塗っても、塗り直しても、目に見える世界が変わっていく。下働きでも、自分の仕事がかたちに残っていくのに、やり甲斐が感じられました。

Chapter 1 この仕事の魅力はきちんとかたちになっていくことです

Chapter 2

この仕事に就いてから30数年、あっという間のことでした

Chapter 2 この仕事に就いてから30数年、あっという間のことでした

 親方は人柄、職人としての技術、ともに素晴らしかった。遊びと仕事も両方、軽やかにこなしていて、人間として憧れの存在でした。昔ながらの親分肌な職人気質というか、手取り足取り仕事を教えてくれるというのではなく、仕事は見て盗め、という。きびしさもあって、それもかっこよかったんですよね。よく言われていていたのは、「とにかく、やってみろ」ということ。やった結果、失敗をしても怒らず、大切なことは自分で考えることだと教えてくれました。

 最初に刷毛を扱わせてもらったときも、全然、うまくいかなかった。どうしていいのかさっぱりわからなかったんですが、自分なりに考えることにして、昼休みなど休憩時間も練習していたことが記憶に残っています。自分自身、はやく腕を身につけたかったんです。それに、親方に認めてもらいたいという気持ちも強くありました。

 3年くらいすると、一人前とは言えないですが、並みの仕事はできるようになったという手応えを感じるようになりました。

「一人で現場に行ってこい」と言われたとき、本当に嬉しかったことは忘れられない思い出になっています。

 すごく、不安でしたけれどね。刷毛は人並みには扱えるようになっていたけれど、まだ色をつくることとか、うまくできていませんでしたからね。それに、現場では何が起こるかはわかりません。それほど経験がなかったので、一人でうまく対処できるのか、すごく不安だったんです。

 いまは徳竹塗装さんの現場を手伝っていますが、ずっと16歳で入社した福島塗装の社員なんです。あっという間の30数年でしたね。入社した頃の社長、というか、亡くなった親方の息子さんがいまの社長です。ともに働いてきた仲間の多くも会社に残っていて、いまの社長を含めて同世代ですから、すごく居心地がいいんですよ。みんな親方として頑張っていて、かけがえのない仲間な一方、ライバルみたいなところもあるので、励みにもなっています。

Chapter 3

趣味、特技は……あえて言うなら、ペンキ塗りです

 塗装用具や技法は日々、進化しています。自分がこの仕事を始めてから、だいぶ様変わりしてしまっていますが、そこがおもしろいところです。

 職人として一人前のレベルはありますが、最終的に到達するところ、もうここで終わりというところはありません。材料にしても、道具にしても、新しいものがでてきたら、それを使いこなさなければならない。刺激を受けることが多いというか、仕事がマンネリになることがないんです。

 それに、習得していたと思っていた技術、技法にしても、こうすればもっときれいに仕上げられる、ここを工夫したらスピードアップが図れることに気がつくこともある。仕事は自分なりに考えてしていくことを教え込まれているので、そういう新鮮な発見をすることができるんだと思います。

 趣味や特技はとくにないんです。あえて言うなら、ペンキ塗りですね(笑)。ペンキ塗りがあってこそ、いまの自分があるわけですからね。

 若い頃はバイクに乗ったり、パチンコをしたりしていたんですが、最近はまったくそういう遊びに興味がないんです。休みの日はずっと家にいます。

 29歳で結婚しました。妻は取引先の信用金庫で働いていて、知り合いました。結婚してからは、家族を支えていく責任感を持つようになって……自然に仕事が趣味になっていって、仕事と家族が中心の生活を送るようになったんです。

 子供は女のコが二人いて、18歳と14歳になりますが、上のコは4月から大学に通っています。看護師になりたいと看護学部へ進学したんですが、手に職をつけたかったようです。自分の背中を見てきてくれたのかもしれない、なんて、親としては思っています(笑)。それに、こう言っていたのを聞いたこともあります。「将来、サラリーマンではなく、職人さんと結婚したいな」――心から、嬉しかった。

Chapter 3 趣味、特技は……あえて言うなら、ペンキ塗りです
Chapter 3 趣味、特技は……あえて言うなら、ペンキ塗りです

Chapter 4

この仕事に就けたことは、すごくラッキーだったと思っています

 独立することは……考えたことはありません。塗装の仕事が好きなので、ずっと現場で仕事をしていたいからです。独立した人たちをたくさん見てきていますが、塗装以外の仕事が多くて、たいへんそうですからね。経理や営業とか、自分に向いているとは思えないですし、正直、あまりやりたくない。身体が動く限り、このまま職人として、働いていきたいんです。

 塗装の仕事が好きというのは、ニュアンスとして、ちょっと違うのかもしれません。いまの自分にとって、仕事は生活そのものになっています。生活は日常ですから好き嫌いもないですが、仕事も日常になっている。

 きれいに塗り上げることは嬉しいことですけれど、それは自宅をきちんと掃除をすることと同じようなことです。

 塗装の仕事を始めてから、そういう教えられ方をしてきましたから、自分にとって当たり前なことなんです。

 これからやっていきたいこととしては……親方が自分に道を拓いてくれたように、塗装業界に入ってくる新人たちに、道筋をつけていってあげたい。親方のような器量はないかもしれませんが、自分なりに頑張っていこうと思っています。

 振り返ってみると、親方と出逢えたこと、親父が親方を紹介してくれたことは、すごくラッキーなことでした。ある意味、自分の人生が決まったわけですからね。

Chapter 4 この仕事に就けたことは、すごくラッキーだったと思っています
Chapter 4 この仕事に就けたことは、すごくラッキーだったと思っています

掲載日:2018/11/14

あわせて読みたい

  • 職人図鑑 #01 近藤 佳充

    INTERVIEW

    職人図鑑 #01 近藤 佳充

    職人姿の父を見て育ち、そしてボクも職人になった

  • 職人図鑑 #02 田中 裕二

    INTERVIEW

    職人図鑑 #02 田中 裕二

    塗装を一生の仕事にしていこうと思ってます

  • 職人図鑑 #03 杉井謙一

    INTERVIEW

    職人図鑑 #03 杉井謙一

    職人として爪痕の残るような仕事をしていきたい!

  • 職人図鑑 #04 大池 剛

    INTERVIEW

    職人図鑑 #04 大池 剛

    いま改めて、塗装職人の道を選んでよかったと思っています。

  • 職人図鑑 #05 三宮 望

    INTERVIEW

    職人図鑑 #05 三宮 望

    自分には、身体を動かす仕事が向いていると思う

  • 職人図鑑 #06 鈴木 育也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #06 鈴木 育也

    創業117年という歴史の重みを信頼につなげていきたい

  • 職人図鑑 #07 細包 大輔

    INTERVIEW

    職人図鑑 #07 細包 大輔

    塗装の仕事をずっと続けていきたい

  • 職人図鑑 #08 南川 学

    INTERVIEW

    職人図鑑 #08 南川 学

    お客さんが喜んでくれる顔に仕事の手応えを感じます

  • 職人図鑑 #09 山越 敏司

    INTERVIEW

    職人図鑑 #09 山越 敏司

    ペンキ屋稼業60年。いまも働けるのは幸せだと思う

  • 職人図鑑 #10 山越 達也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #10 山越 達也

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #11 山越 弘尭

    INTERVIEW

    職人図鑑 #11 山越 弘尭

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #12 白井 悟

    INTERVIEW

    職人図鑑 #12 白井 悟

    将来に向けて、いま挑戦しているところです

  • 職人図鑑 #13 金丸 孝治

    INTERVIEW

    職人図鑑 #13 金丸 孝治

    「塗装家」としての仕事をしていきたい

  • 職人図鑑 #14 竹村 満弘

    INTERVIEW

    職人図鑑 #14 竹村 満弘

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #15 平井 勇

    INTERVIEW

    職人図鑑 #15 平井 勇

    若い職人たちをきちんと育てていきたい

  • 職人図鑑 #16 元木陽史

    INTERVIEW

    職人図鑑 #16 元木陽史

    教えることで仕事の本質が見えてくることもある

  • 職人図鑑 #17 大塚裕貴

    INTERVIEW

    職人図鑑 #17 大塚裕貴

    新たな夢にわくわくしているところです

  • 職人図鑑 #18 櫻井英樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #18 櫻井英樹

    技術を次の世代にきちんと伝えていきたい

  • 職人図鑑 #19 福本貴之

    INTERVIEW

    職人図鑑 #19 福本貴之

    職人として、祖父と父を尊敬しています

  • 職人図鑑 #20 徳竹秀介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #20 徳竹秀介

    塗装職人の技術を後世へ伝えていきたい

  • 職人図鑑 #21 小田垣雅也

    INTERVIEW

    職人図鑑 #21 小田垣雅也

    塗装の仕事が自分の趣味、生活そのものになっています

  • 職人図鑑 #22 秋山俊介

    INTERVIEW

    職人図鑑 #22 秋山俊介

    オンリーワンの塗装店を目指していきたい

  • 職人図鑑 #23 金子祐太

    INTERVIEW

    職人図鑑 #23 金子祐太

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

  • 職人図鑑 #24 佐藤優気

    INTERVIEW

    職人図鑑 #24 佐藤優気

    親父の働く背中を見てきて……将来の夢は独立です

  • 職人図鑑 #25 佐藤義保

    INTERVIEW

    職人図鑑 #25 佐藤義保

    いまの会社に移って、次のリングに立てた気がする

  • 職人図鑑 #26 石塚舞樹

    INTERVIEW

    職人図鑑 #26 石塚舞樹

    いまの会社で勤めあげたいと思っています

BACK TO TOP